« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

3月1日

3月1日、三歳の娘がお雛さまの絵を描いていました。私が「お雛さま描いてるね。」と声を掛けるとvirgo「だってうちはお雛さま出てないじゃん。どうして出さんと~?かわいいのに・・・。」bearingと。気になってはいたのですが、お雛さまを出すタイミングを失っていて「今年はもう飾らなくてもいいか・・・。」と思っていた矢先に娘から言われてしまいました。wobbly 私には幼い頃、母親と一緒に毎年お雛さまを飾っていた記憶があります。お雛さまが部屋に飾ってある時は、なぜかワクワクしたものです。幼い時の記憶や思い出は、とても大切なものです。note 時には、子供の頃の嬉しかったこと、楽しかったことを思い出しながら、子供と接する時間が必要だと思いました。 このあと、慌ててお雛さま飾ったことは言うまでもありません。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「体力について考える」

熊本住まいづくり研究所では順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ医学研究室の上野めぐみ先生をお招きして、スタッフ間での勉強会を開催しております。2月開催の一場面を!

私たちのような保健医療福祉の分野で活動する職種にとっては、常に高齢者や障害者へのアプローチが中心となる場合が多いと思われます。ということで、まずはトレーニングの科学的基礎知識を学ぶ必要があるのでは、という視点からこの勉強会が始まっております。

表題は ~体力について考える~であり、

ⅰ 体力の概念、体力の構成要素

ⅱ 体力測定法

ⅲ トレーニング論

ⅳ 運動処方学、リスク管理知識  とシリーズ化され、去る2月3日は

上野先生来熊3回目、全身持久力のトレーニングについて勉強をしました。全身持久力についての講義の後、実際に私たちも体力測定をしてみましょう。となり、スタッフ全員が「踏み台昇降測定」にて全身持久力の体力測定を行ってみることになりました。11分の間、「森のくまさん」「ドレミのうた」などの動揺曲に合わせ、踏み台を昇降していきます。

Kuma0803132 「ややきつい」に達したときに自己申請、昇降をストップします。ストップした者は・・・年齢順のようでした(ちなみにスタッフ年齢47歳~31歳、上位3名が途中ストップでした)。

踏み台昇降終了後、脈拍を測定、その後は計算式にあてはめ体力診断終了であります。

翌日は看護師約1名が強度の筋肉痛となり、ふくらはぎの痛みを訴えておりました。この日23日は節分。

昼食は九州地区でも定着されつつある恵方巻をいただきました。Kuma080313

今年は南南東が吉方とのこと。

我が熊本住まいづくり研究所の南南東は「トイレ」でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »