« 「体力について考える」 | トップページ | 「春の風にご用心」 »

3月1日

3月1日、三歳の娘がお雛さまの絵を描いていました。私が「お雛さま描いてるね。」と声を掛けるとvirgo「だってうちはお雛さま出てないじゃん。どうして出さんと~?かわいいのに・・・。」bearingと。気になってはいたのですが、お雛さまを出すタイミングを失っていて「今年はもう飾らなくてもいいか・・・。」と思っていた矢先に娘から言われてしまいました。wobbly 私には幼い頃、母親と一緒に毎年お雛さまを飾っていた記憶があります。お雛さまが部屋に飾ってある時は、なぜかワクワクしたものです。幼い時の記憶や思い出は、とても大切なものです。note 時には、子供の頃の嬉しかったこと、楽しかったことを思い出しながら、子供と接する時間が必要だと思いました。 このあと、慌ててお雛さま飾ったことは言うまでもありません。coldsweats02

|

« 「体力について考える」 | トップページ | 「春の風にご用心」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540075/11794249

この記事へのトラックバック一覧です: 3月1日:

« 「体力について考える」 | トップページ | 「春の風にご用心」 »